FC2ブログ

どらどらテレビ

芸能、テレビ、ニュース、はてなブックマーク。かゆい所に手の届くブログを目指しています。そのためけっこう狭い範囲をキャッチした記事が多いです。

オードリー Wiki


オードリー Wikiについて調べました。
オードリーは大人気です。大人気になるとウィキペディアが充実してきます。
そしてwikiをすこし引用してみました。
とてもおもしろいtipsが掲載されているので一度見てみてください。
オードリー Wikiについて私が独自に調べた結果をリンクしておきましたので何かの参考にしていただければ幸いです。
スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら
上下は個人的にオススメの楽天商品です
真木よう子写真集月刊真木よう子/SHINCHO MOOK087☆初版

今すぐ使えるかんたんWindows 7
# 主に「ズレ漫才」と呼ばれる漫才を行う(「ズレ漫才」という名称は若林による命名)。話を進めようとする若林に対し、春日が意味不明なツッコミやタイミングの悪い発言を行うのを若林がたしなめたり、逆に若林が突っ込んだりする為、話がほとんど進まないうちにネタが終わる。

# 基本的に、春日は意味不明なツッコミをしながら若林の背中を叩く。間髪入れずに若林が春日の左額を叩きながら逆ツッコミをする。これをスピーディーにテンポ良く続けるのが彼らの漫才の持ち味となっている。

# 漫才ネタを始める際、若林はすぐにセンターマイクに着く。春日は胸を張ってセンターマイクに歩み寄り、少し遅れて到達してから、若林が「我々オードリーというんですけどね。」などと自己紹介してるのを無視し客に「みなさん、本物の春日ですよ」「みなさん、夢でお会いして以来ですね」などの自信過剰な挨拶を行うのが通例。ネタの終わりには、若林は普通にお辞儀し、春日は左手を挙げ「ばぁい」と言って締める。一般的な締め方をしていたこともあった。

# 漫才の途中に若林が春日に「気持ち悪い」や「お前と漫才なんかやってらんねーよ」と発言したときに春日が「お前それ本気で言ってるのか?」と言い、「いや、本気で言ったらお前と一緒に何年も漫才やってねーだろ」と若林が発言した後「ヘヘヘヘヘッ!」と互いに笑い合うなど、コンビ愛を見せるようなネタを行うのも定番であり、同時に春日が笑わなかったり相手のノリに合わせないこともネタの一つである。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する